ペルーのおすすめ料理!※独断と偏見による

Pocket

前回はペルーの観光をまとめてどばっ!と書きましたが、(前回blog)ペルーは美食の街としてもとても有名なんです。

グーグルの検索ワード調査によると、ペルーで検索されている一番多いワードは、
「restaurant」
だそうです。
(ちなみに日本は、忘れちゃいました。)

そんな美食の街ペルーで僕が実際に食べた料理などを完全に主観でオススメ!

“チキン料理”

カルドデガリーナという日本のラーメンのようなスープは鳥の出汁の効いたスープで、麺は茹ですぎたパスタなんだけど、ボリュームも味も最高!

チキンの丸焼きはハズレなし!ハーフや、1/4など食べたい量で注文。

“セビーチェ”

南米で有名な魚介のマリネ。
ペルーが発祥の地。
お店やメニューによっていろいろ種類が豊富にあって、お好みで選べます。写真のは、セビーチェにタコの唐揚げなどのセット。

“アルパカ”

物は試し。ってことでクスコにあるちょっといいレストランで食べてみた。
思ってたよりも柔らかくてクセがなくめちゃくちゃおいしかった!
ただ、人によって固い、クサイ、って人もいたから食べるお店や値段によって差があるかも。

“中華料理”

中華は、ペルーのどこで食ってもうまい!
だいたいスープがセットで付いてきて、400円弱。
チャーハン、中華麺、麺入りチャーハンみたいのばっかり食べてた。笑

“アンティクーチョ”

アンティクーチョって知ってますか?たぶんスペイン語での呼び方なんですが、
僕はペルーのクスコで初めて知りましたが、日本でいうところの”ハツ”です。

ペルーでは、主にアンティクーチョの専門店があって焼き鳥のように串に刺さったハツ、ジャガイモの蒸したもの、パプリカなどが一皿に乗って出てくるのが一般的。
これが、でかくて、安くて、うまい!

やっぱり高けりゃいいってもんでもないし、腹いっぱいにならないのも物足りない。
アンティクーチョは、うまいのはもちろん腹いっぱいになれて、なおかつ安いんです。

アンティクーチョのオススメ店紹介。

Limaの空港から北のほうへコレクティーボなどで30分ほどにある、ベンタニーヤ(ventanilla)という町にあります。

kokoro

ここは僕が名古屋にいたころからの友達が始めたお店。

アンティクーチョの下準備に時間をかけているのでやわらかくておいしい!

アンティクーチョ以外にネギ間や豚肉、プライドポテトの上に目玉焼きの乗ったメニューなどもオススメです。

そしてなんといっても日本語話せるので、わからないことや、おすすめを聞いて頼んでみて下さい!

少し距離がありますが、僕たちは4回くらい通いました。ぜひリマへ行ったらよってみてください。
お店、行き方情報

青いピンがkokoro。その上の赤いピンのventanillaという町にあります。

行き方は、空港からタクシーで行くか、節約したい方は、

この赤いピンの場所から、ベンタニーヤ行きのコンビ、コレクティーボ(乗り合いタクシー)がでているので、一人あたり3〜5ソルほどで行けます。

客引きの人に

「ベンタニーヤ行きたい!」

と伝えるとコンビか、コレクティーボを案内してくれますよ!コンビが大きい乗り合いタクシーで少し割安です。

お店の細かい地図も載せておきますね。

Pocket