アマゾン手作りイカダ川下り。お遊び編⑩

Pocket

ただいまインドのコーチンにいます!名古屋のコーチンと違ってめちゃくちゃ暑い”冬”を過ごしています。

 

今回は、イカダの上での遊びや過ごし方を書いていきます!が、基本的に川下りとはいってもほとんどが”流されているだけ”なので何もやることがありません!笑

そこんとこも含めて読んでもらえるといいかもです~。

まずは、こちらから!

アマゾン手作りイカダ川下り。ご飯は!?⑨

 

とにかく暇!

3度の飯が主な楽しみなんですが、それ以外はほとんどの時間”何もすることがない”って感じ。始めは「おーまじでアマゾン下ってるぅぅ~!」とか「どっかにワニとかおらんかな?」とか挙動不審なんですが、それもまあせいぜい1日だったかな~?笑

ということで、まあそんな感じで暇なのは織り込み済みなわけで、みんなで持ち寄った本をひたすら読んでました。

これはなかなか優雅な時間でしたよ~。アマゾン川を下りながらあえて本を読む。くるくる回るイカダで日陰の時は最高に気持ちよく、日向になると暑すぎて読めたもんじゃねぇ!!と汗をだらだら流しながら本を読む。村上春樹とアマゾンという謎の組み合わせは忘れることができません。

 

撮影会!

アマゾンを存分に使った撮影会はどこからか誰からか突然始まり加速していく! 

とにかく絵になる!

楽しい!

大の大人6人が子供のようになるはしゃぐひと時。とはいってもこういう時間は1日のなかでも長くて1時間くらいかな~?

 

川遊び

やっぱりこれが楽しかったかな!

川を泳ぐのはもちろん、流されてきた流木を使って遊んでみたり。

流木と一緒に流されてみたり。

流されてみたり。

流されすぎやん!!!

気づいたらイカダと1kmくらい?離されとる。。。

でっかい流木に男二人。

川の流れはまあまあで、

たけさん「ゆうきくんイカダまで泳いでいける?」

おれ「ん~泳げるんですけどこの距離の川はちょっと無理っす・・・」(ヘタレ発言w)

たけさん「それなら俺泳いでライフジャケット持ってくるからちょっと待ってて!」

 

ザッブーン!

 

って泳いで行っちゃった!!

あなたは神ですか!?

 

ただやっぱり流れが強いので方向がつかみにくそう!大声で「もっと右です!もっと!」と叫ぶが届きにくい。

結局まっすぐ行けば10分くらいの距離を体感では30分くらいかけて泳いでいってくれた!!

やばい!さすがっす!

そのときイカダに残っているメンバーはというと、「アマゾン川での鏡張りや~!」とか言いながら僕らをほったらかし撮影会真っ最中。

たけさんが必死に泳いでイカダに着きそうなときなんて、

「やばい!河童が来た!」

とかいいながら、差し伸べるべき手をカメラに伸ばし撮影しだす。笑

 

まったくこっちの緊迫した感じが伝わってねえ!笑

 

その後すぐにライフジャケットを2つ持っての復路。

やっとこさ着いた時にはさすがにきつそうだった~。

ホントに命の恩人です!ありがとうございました!

 

僕もジャケットを着、オールを片手にそのころには若干近くまで移動してきてくれたイカダにむかって泳ぐ。

ほぼ真横にいるイカダに向かうのに普通の倍以上の力がいる!やっぱり思っていた以上に川って流れが強い!

(あ~一緒に泳いでいってたらやばかったわ~)なんて思いながらもやっとこさ生きて生還!

 

イカダに残っていたメンバーは、

「自分らで行ったから大丈夫かと思ってたわ~笑」

って感じだったみたい。笑

 

と、まあこんな感じに楽しく過ごしていました。

もちろん残りの時間は昼寝したり、オール漕いでイカダを操作したりしてましたけどね。

今思い返しても”非現実感”が強すぎてにやにやしちゃいます。笑

 

次回は、なに書こう?イカダの上での生活感のあること書いていこうかな?

ということで、お楽しみに!

Pocket