香港初日に帰りたくなったって話。

Pocket

世界一周旅人美容師のくわもです!

世界一周1ヶ国目「香港」ですでに帰りたくなった話。

まさか、まさかの香港初日から日本へ帰りたくなりました。笑

これは本当に素直な気持ち!

事前にめっちゃ準備して、周りに俺ってばこんなことしに行くんだよって息巻いて、思いっきり全力全開でやってみたのはいいものの、ぜーんぜん思い通りに行かなくて。。。

言葉も伝わらない、土地勘もない、遠く離れた地にポツンと一人になってみてめちゃくちゃ寂しくて泣けて来ました。

 

いきなり飛行機の遅延

まず、香港へは夕方着く予定だったんですが、いきなりセントレアからの飛行機が遅れて、到着するとなんと夜の23時!

海外の知らない地では深夜に一人で出歩くなって海外旅行の常識のようなことをいきなり!破らざるおえないことに・・・。

ギリギリまだあったバスに飛び乗るも、現地通貨をよく知らなかった僕は適当に1400円相当の札1枚を渡す。

運転手「お釣りはやれねーよ!」

俺「いやいや

運転手

お釣りはやれねーよ!

kuwamo

いやいや!お釣り返してよ!

運転手

我不能去钓鱼!

となる始末・・・

挙げ句の果てに、乗ったはいいけど目的地に行かないー!!

途中下車して小雨がしとしと降り注ぐ中30kgの荷物を背負ったまま1時間歩きました・・・。
そしてやっとの思いでたどり着いたそのさきは!

「重慶大厦(チョンキンマンション)」

がカオスすぎた!!笑

深夜特急に憧れて、沢木耕太郎さんと同じく初めの地を選び、宿までも選択した俺がバカだった・・・

なぜなら、

  • 香港に来たのにインド人のほうが多いし
  • 1つのマンションにエレベーター4つあるし(全部独立してて上で繋がってないw)
  • 日本よりジメジメしてて暑い!!

 

インド人に聞いて目的のエレベーターにたどり着くと、右と左で偶数と奇数にしか止まらない!笑

こんな夜中に1階でも階段とか使いたくない!荷物重いし!

 

ようやくついたドミトリーの部屋

そこは6畳くらいの狭い部屋に3つの2段ベットと簡易的なロッカーのみというバックパッカー専用と言わんばかりの宿。

 

すでに深夜2時を回っていたので電気もつけられず、誰がいてどこが空いているのかもわからないような状況の中とりあえず自分のベッドへ。

登ってみるとそこは今まで日本以上にジメジメしていた蒸し暑い場所とはうって変わって、

”エアコンの真下やんけ”

めっちゃ冷たい空気が直接ガンガン当たってくるw

風邪ひきやすい人だったら100パーセント5分で風邪ひくわっ!笑

 

最後に

世界一周の初めての国はなるべくハードルを下げまくって下げまくって、なんなら行ったことあったり、知ってる人がいるような国でもいいのかも。

まさか初日から(まだ1日も経ってない)のに帰りたくなるとは思ってもみなかったので。笑
※ちなみに次の日インドの床屋を盗撮(堂々と撮ったら怒られそうだったので)してたらバレて、その場で迫られた挙句消させられました(>_<)

消したら許してくれたから一安心!カオスなマンションなんだけど、人はいいし安全だから謎!笑

 

Pocket