カットのこだわり

東京にてヘアドネーションを受けました^^

Pocket

みなさんヘアドネーションって聞いたことありますか?

 

少し前に女優の柴咲コウさんがされたことで有名になり、最近ではいろいろなところで聞かれるようになりましたが、その名の通り”髪の毛の寄付”のことです。

 

日本で一番大きな団体では、小児がんや白血病、先天性の無毛症など様々な理由により髪の毛を失った子供たちに、人毛100%の医療用ウィッグを無償提供しているNPO法人があります。

しかも、そこではウィッグをプレゼントするときにはスタイリストさんが出向き、ウィッグをその人に合わせてカットしてくれるんです!

 

始まりはタイ

きっかけは世界一周中にタイで出会った友達から、

「東京でヘアドネーションできる美容師知らない?」

とのメールが。

一瞬考えて、

「東京へは月1で行ってるからタイミングさえ合えば俺もできるよー」

ということで、ご紹介いただきました!

タイで会っただけなのにありがとね!!

 

5年間切ってない髪をばっさり!

紹介してもらった彼も旅人。5年ほど切らずにそんじょそこらの女性よりも長い!!

ここからなるべく長く残せるように10個くらいに分けて縛ってばっさりカット!

ヘアドネーションは日本国内で寄付する場合31cm以上と長さが決まっていますが(海外へ送るなら20cmくらいあればOK)なかなか50cmくらいの長さの寄付となるとまだまだ足りてないみたいです。

今回はかなーりばっさり!ということで50cmほどの長さを残して切れました!これによって髪の毛を失ってしまった子供が喜んでもらえると思うと嬉しいですね^^

 

切ったあとは。

髪の毛を一つにまとめてゴムで留めて、ドネーションシートと返送用封筒を入れて大阪にあるJHD&C(ジャーダック)に送ります。

1ヶ月以後に受領書を送っていただけるようです。

ロングをばっさり切ろうというタイミングの方や、そういったまだ子供なのに髪の毛を失ってしまった子たちに何かしてあげたいという方はご連絡ください。

 

僕は美容師としてこういった活動には積極的に参加していきますし、協力できることはしていきます!

 

いままで殆ど捨てるしかなかったばっさり切るときの髪の毛を、悩んでいる人のために使うというのはとても喜ばれることですよね。

人それぞれ得意不得意ありますが、僕は僕のできることでそういったことに貢献していこうと思います!

 

またささいなことでもご連絡くださいね^^

では!!

Pocket