【完全版】東南アジアでバイク2人乗りするならこう乗れ!

Pocket

どーも!

ハサミで世界一周美容師の「kuwamo」です!

 

世界一周Blogランキングに参加しているので

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

押してもらうとランキングアップします!

(ブログ村のサイトに飛びます)

【完全版】東南アジアでバイク2人乗りするならこう乗れ!

 

東南アジアをバックパッカーとして回るならぜひともトライしてほしいのが「バイタク」

特にベトナムに初めて行った時のあのバイクの多さ!クラクションの数!あれを体感して初めて「あ〜ついにベトナムに来たな〜・・・」と感じることと思います。

 

そして、僕はいかに現地の方と同じような生活をしたり文化を知るためにも、いろいろな経験をしてきましたが、その中でもやはり

 

「バイクタクシーでの2人乗り」

 

というのは、初めてに近い上にかなり恐い!(いろんな意味で)だったので、旅人や旅行など東南アジアでバイタクに乗るつもりの人のために書こうと思います。

 

バイクの良し悪し

 

今どきもちろんタクシーも、バスも、バイタクも、電車などの交通機関はどの国にもたくさんあります!その中で、バイタクの良いとこ、悪いとこを上げてみます。

 

良いところ

  1. 速い
  2. 安い
  3. 現地の風を感じられる

 

悪いところ

  1. 恐い!
  2. ぼったくられる!?
  3. 空気悪い

 

って感じですね。。。

 

というかリスクの方が多いかも!?って感じですが、せっかくベトナムなど東南アジアへ行ったら、ぜひ現地の風を感じてほしいものです!

もちろん僕は事故などにも合う事なく旅を続けられていますが、もちろんそのあたりは自己責任でお願いします。

 

乗り方や料金など

 

ベトナムやカンボジアでは正直ただのおっさんがバイタクだったりしてはっきり見分けるすべは僕はもってません!むしろそれがわかる人いたら教えてほしいくらい!

昼間っからバイクの上で寝転がって寝ているおっさんは、だいたいバイタクのおっちゃんです。起きてたら声かけてみてみてください。

 

ただ事前に、距離やそこまでの相場を現地の方や詳しい人に聞いておくとぼったくりには合いにくいですね。

 

そして、タイでは、オレンジのビブスを来ているのが安全なバイタクです。

 

どの国でも共通して必要なのが、乗る前に必ず!!

 

  1. 事前に行きたい場所
  2. おっちゃんわかっているか!?
  3. 値段交渉

 

しましょう!

 

わかってないのに、「乗れ乗れ!」って行ってくる奴はやめたほうがいいし、しっかり値段確認しないと、降りた時に高い金額を言われる事もあります。

 

 

あとは、基本的に日本語で話しかけてくるバイタクは無視して相手しない方が無難です。

ノートに書いてある日本人の口コミとか見せてくる奴なんかとくに怪しい!!笑

まじでいますからね・・・

 

こんな感じで乗ると安心・安全

 

基本的にバイクって2人で1つ!みたいな一体感が大事です!

左に曲がるのに怖がって右に逃げたりするとバイタクのおっちゃんも運転しにくいしそこは信じて任せましょう!さすがに毎日あのごたごたの中を走っているだけあって運転はうまいです!

まあ無駄にぶっ飛ばしたりしますけど、だいたい大丈夫です!

 

そして乗る時のポイントは、

kuwamo,くわも、桑本

ゆったり腰かけて

足はかかとでステップへ

手は膝または、後ろのレールをつかむ

 

これが基本になります。

(って別の俺バイタクのおっちゃんでもなんでもないのに何言ってるんだろう。。。)

 

特に長距離の時のバイタク(僕は最高1時間半後ろに乗っていました)はいかに!リラックスして乗るかによって、降りた時の体の異変が違います!笑

僕は、降りてからもバイクの振動がずーーっと続いていて小刻みに震えていました。笑

 

kuwamo,くわも、桑本

こんな戦闘するような姿勢はきつい!!

 

こんなんは、意外にもすっげー疲れますからね。足首痛くなるし、変なとこに力入ったりしてかなり疲れる。

 

まとめ

 

さあ、以上で僕のオススメする

 

【完全版】東南アジアでバイク2人乗りするならこう乗れ!

 

になりますが。

 

これを書こうと思ったのも、僕はこのバイタクが好きで結構乗りましたが、

ぼったくられそう!とか、恐い!どう乗ったら良いかわからない!

という理由でせっかく東南アジアでしか味わえない文化から避けてしまうのはもったいないな〜、と思ったので書きました。

 

もちろん乗らないより乗った方が危険だし、自己責任でぼったくられたりすることもあるかと思います!

それでも、ちょっとでもそういった文化や興味があって現地の風を感じてみたい人には特にオススメなのでぜひ乗ってみてくださいね^^

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

クリックし忘れていないですか??

1日1回OKなのでぜひお願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Pocket