カットのこだわり

絶壁でお悩みのあなた!髪型(カット)で補えるって知ってましたか?

Pocket

こんにちは!

集客にお悩みの方はコチラ→「美容師が教える平成最強の集客ツールはこれだ!

世界一周に興味のある方はこれ!!→「世界一周に、行く前、行ったあと。

くわもってどんなやつ?って方は・・・「Profile

絶壁ってホント嫌ですよね・・・

こんな絶壁はスキ

 

僕もめちゃくちゃ絶壁でして、あれって赤ちゃんの時にあお向けに寝かされまくってたらなりやすい。

というのを最近知って唖然としている”くわも”です。

めちゃくちゃ絶壁もなにも絶壁すぎたら凹むしかねえじゃんって書いておいて思ってますが、少し聞いてください。

長年美容師をしていると「絶壁なんですよね」というお悩みをよく聞きます。

絶壁の人ってほとんど100%セットのお悩みが、

「ハチが張る」

ということ。

あれは簡単にいうと、丸い柔らかいボールとかの後ろを押すと、その押された横ってちょっと飛び出ませんか?

ようは絶壁と、ハチが張るというのも同じことなんです。

あまり関係ない人には意味すらわからないであろうこの「絶壁」と「ハチ張り」問題

僕ら美容師はこの問題を、

「絶壁なところはふっくらさせて、張ってるとこはボリューム抑えよう」

って考えて髪型を作るんです。

なので、メンズの髪型や、女性でもショートカットなど短いヘアスタイルにおいてそのあたりは髪型の肝!となるわけです。

ここがめっちゃ大事!!

美容院で切るのと、床屋で切るのの違いといっても過言ではないほどここが違う!

僕たちはセットをしたりしなくてもここが綺麗に丸みが出るように髪型を作っていきます。

骨がないところに髪の毛で作るので当然ある程度の長さが必要で切られてしまうと伸びるまで待つしか方法はないです。

(埋めればなんとかなりますが笑)

なので絶壁でお悩みの方のカットでは一番気を使う部分でもあるんですが、

「そこが切られてる(or 長すぎる)人が多いこと!!」

が気になります。

ひょっとすると美容師さんに頼む時に、

「絶壁なので気にならないように切ってください」

よりも、

「絶壁なのでここ(平らなとこ触って)の長さを残して(or 長さを切って)ください」

と頼む方がいいかもしれません。

※髪型によって長さを残した方がいい時と、切った方がいい時が異なります。

 

絶壁は髪型(カット)で補える!

ということを、まずは知っておいてください!

そして、

・美容師さんへのオーダーの仕方をお客さん側も少し工夫をしてみる!

それでもダメなら、とりあえず僕に相談ください。笑

友だち追加

まずは知ること!ですね☆

Pocket